一本入魂への想い

こんにちわ「卒塔婆屋さん」代表のだいちゃんです。

まだまだ、寒いですね。

暑さ寒さも彼岸までとは昔の人は上手いこと言ったものです。

さて明後日17日は春のお彼岸の入りですね。

「卒塔婆屋さん」も2月から3月はお彼岸用卒塔婆の出荷が大変多く

毎日嬉しい悲鳴を上げております。

卒塔婆とはご先祖様に対してのお手紙なんですよというお話をお客様である

ご住職様からされたことがあり、とても分かりやすくて暖かい表現だなと思いました。

この仕事をしていると忙しさからどうしても、日々製造をしているだけになってしまい

がちですが、ご先祖様の手紙を作っていると思うと、一本一本丁寧に魂を込めて作らな

ければと原点に立ち返り「一本入魂!」という言葉を使うようになりました。

この先、お彼岸が終わるとお施餓鬼、秋のお彼岸と卒塔婆業界にとってピークを迎えます

が、この「1本入魂!」のこころを忘れずに従業員ともども頑張りたいと思います。

卒塔婆・角塔婆・墓標・経木塔婆通販「卒塔婆屋さん」

追伸 先日プロモーション動画も作成しました。こちらも是非ご覧ください。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。