商品にはマニアックな愛情を!

こんにちわ。

今日はこちらは生憎の雨となっております。まとまった雨は久しぶりなので、恵みの雨と言ったところです。

3連休はお彼岸でお墓参りをした方も多かったのではないでしょうか。弊社のお客様はご寺院様がほとんどですので、忙しい連休だったと思います。「卒塔婆屋さん」もお彼岸が終わりひと段落と行きたいところですが、実はお彼岸明けからが更に忙しくなります。お彼岸で卒塔婆を使い切ったご寺院様からのご注文と、施餓鬼に向けた卒塔婆のご注文がお盆の前までピークを迎えます。

材料となる木材の入荷も非常に多くなり、倉庫も向上もてんやわんやになります。そこで重要になってくるのが、在庫管理ですが今までは、手作業で在庫を数えて在庫表に記入し会社のパソコンに入力していましたが、今年からは在庫管理アプリを使い、倉庫でスマホを使用してその場で在庫入力をするようにしました。数えるのは相変わらず目視なんですが・・・それでも大幅な作業改善が出来ます。弊社の決算は11月ですが、大体同時期に次年度の経営計画書を作るのですが、一番重要なのは材料の仕入れなのです。売り上げはある意味生ものでこちらでコントロール出来るものではありませんし、人件費を含め経費ももちろん抑えるところは抑えますが、限界があります。唯一、意思で何とかなるのが仕入れ金額だと私は思っています。ここは普段工場の段取りなどは社員に任せておりますが、社長である私が行う仕事でもあります。材料の価格交渉、仕入タイミング、仕入数量を決定するのは一番苦労します。

在庫を減らしすぎると機会ロスを起こします。かといって多すぎても、いくら長持ちするといっても鮮度劣化を起こし、これもロスにつながります。売れ筋に絞ってそれだけで商売が出来れば、仕入もこんなに苦労しなくては良いのでしょうが、ネットショップでは、深い品ぞろえと商品知識がリアル店舗に比べ求められます。

私は、新卒で小売業に入りました。そこでは、単品量販という考え方を叩き込まれました。これは売れる商品を分析し、それに的を絞って、売り場での陳列量も増やし、徹底して売っていくという手法で、売り場面積に限りがあるリアル店舗においては非常に効果的な手法でした。しかし、ネットショップにおいては、その逆で多品種少量販売こそが最強であると思います。ネットショップにおいては売り場の面積は関係なく、前にも書きましたが、そこに欲しい商品がなければ、別の店に行くだけです。リアル店舗であれば、代替え商品で我慢する場合が多いですが、ネットショップはものの数秒で他のお店に行けてしまいます。しかし、多品種少量とは言っても、アマゾンの様な大企業でない限り、すべてのカテゴリーで品ぞろえをすることは、不可能です。そこで、カテゴリーを絞ってその中で、品揃えを増やしていくことがネットショップにおいては必要であり、これこそがネットショップの強みだと思います。私も様々なネットショップを職業柄見ますが、ホントにマニアックなお店が多いです。例えば、自動車のハンドルカバーだけに特化したお店、工事用の照明だけを販売しているお店、リアル店舗ではまず考えられないお店が多いです。それらのマニアック店舗に共通するのは、店主の異常なこだわりと、マニアックな商品知識です。好きすぎてネットショップ開業したように見えます。おそらく、ハンドルカバーのお店は、リアルなカー用品店では到底太刀打ちできない品揃えと商品知識でしょうし、工事用照明のお店は大手ホームセンターでは太刀打ちできない品揃えと商品知識でしょう。それと店主の商品に対する愛情はどこにも負けないものを感じます。

私もこの「卒塔婆屋さん」においては徹底的にマニアックに商品に深い愛情を持って行きたいと思います。お客様に対しても、どんな無理難題でも卒塔婆マニアとして、先ずは話をして出来る限りの努力をする。卒塔婆のことなら「卒塔婆屋さん」の右に出るものはいないと言わしめるようなショップにしたいと思います。

「卒塔婆屋さん」代表 谷治大典

カラーミ―ショップ大賞2017の第2次審査の一つであります一般投票中です!!

6万店以上のネットショップから大賞とその他賞に該当するショップを選ぶ、ネットショップを運営する者誰もが憧れる賞

となっております。お客様あってのショップですから、あまり賞狙いというのもいかがなものかとも思いますが、今後の運

営をするうえで、私自身そして社員にとってもとてもモチベーションアップにつながり、より良い仕事にもつながります。

このブログをお読み下さっている皆様、何卒清き一票をお願い致します。

一日一回毎日投票出来ます。

↓↓↓投票は下記リンクより出来ます。↓↓↓

↓↓↓こちらも合わせて宜しくお願い致します↓↓↓

卒塔婆・角塔婆・墓標・経木塔婆通販「卒塔婆屋さん」はこちら

「卒塔婆屋さん」公式フェイスブックはこちら

「卒塔婆屋さん」公式YouTubeはこちら

「卒塔婆屋さん」公式LINE@はこちら

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。