Amazonペイメント導入!

こんにちわ!

現在カラーミーショップ大賞の2次選考の一つ一般投票が行われている訳ですが、私としてはネットショップを始めたころ参考にさせてもらった先輩方のショップと同じ舞台に立てているだけでも、夢のような感じで何です。どのショップも素晴らしい!店主の情熱がパソコンのモニター越しに伝わってくる!ネットショップにおいては、チャットツールやお問合せ欄などありますが、ファーストインプレッションが全てだと思います。まず、来店して余りにも情報がない、ごちゃごちゃしているショップはこの時点で、ものの数秒でお客様は帰ってしまいます。次に何とか商品ページにお客様が来てくれた、ここではより商品についての詳細な情報が分かりやすく端的に書かれていることが必要です。よくメーカー品を販売しているショップでありがちなのが、メーカー配布の資料をそのまま張り付けているページで、これでは店主の想いが伝わりません。面倒でも書き写して入力するくらいしないと駄目ですね。最後にお客様はカートに商品入れてくれ、いよいよ購入手続きに入ります。ここが実は最難関で、お客様情報の入力と決済方法の入力があります。はっきり言って私もそうですが、買い物中のテンションアゲアゲ状態から一気にクールダウンしてしまいます。ただでさえ面倒なのに、よくあるのは入力欄で苗字と名前が分割されているものや、やっと全部入力して次へ押したら入力ミスで前の画面戻ったら、一からやり直しっていうのは、よほどの買い物でない限り私なら辞めてしまいます。所謂、かご落ちというやつです。リアル店舗に例えるなら、レジが長蛇の列で、なおかつ係が新人、みたいな感じです。

このかご落ち率はグーグルアナリティクスというグーグルのサービスで見られるのですが、結構ビックリするくらい高いです。「卒塔婆屋さん」が使用しているカラーミ―ショップのカートサービスは、かなり優秀な入力フォームなのですが、それでも結構おります。

「卒塔婆屋さん」のかご落ち率は17%位です。これでも業界的には相当低いということですが、悔しいですよね。もう買う気満々のお客様を逃したわけですから。

ファーストインプレッションのトップページや商品ページに関しては、いろいろと対策をして、じわりじわりと離脱率を下げてきましたが、かご落ちは非常に難しい問題でした。

そんな時、カラーミ―ショップでもアマゾンペイメントが導入できると聞きつけ早速アマゾンジャパンの本社説明会へ、デモンストレーション見て、感動!アマゾンアカウント持っていれば、決済画面でアマゾンペイメントで支払いボタン押すとそこからわずか2クリックで購入完了ですよ!クールダウンする暇なく購入完了画面です!なおかつ、アマゾンの会員は日本で5000万人もいるとのこと、後はコストだなと思っていると、え!そんな低コストなのとビックリ、ここには具体的に金額書けませんが、月額は居酒屋1回行くより全然安いです!

ということで、「卒塔婆屋さん」も早速導入へと思い申し込んでみたら、思っていたより審査が大変で書類もなんだか結構提出しました。そして、一審査と二次審査、2か月ほどかかりなんと!本日導入されました!!

試しに、自分のお店で購入直前までテストテストとやっていたら、ババーン!ご注文ありがとうございますの文字が!あれ、購入確定されちゃったよ~、いつの間に!ほんとに早い!そのあとの返金作業の方が大変でした( ´∀` )

「卒塔婆屋さん」は購入の意思を持って来店されるお客様がほとんどです。雑貨店のようにウィンドウショッピングをするお店ではないので、いかに早く購入できるかが勝負です。以前書いたブログのコンテンツマーケットとは相反する部分もあり、ショートタイムショッピングとの両立は非常に難しく未だに日々どうすれば良いかを模索しております。まあ、だからこそネットショップって面白いんですけど。

カラーミ―ショップ大賞2017の第2次審査の一つであります一般投票中です!!

6万店以上のネットショップから大賞とその他賞に該当するショップを選ぶ、ネットショップを運営する者誰もが憧れる賞

となっております。お客様あってのショップですから、あまり賞狙いというのもいかがなものかとも思いますが、今後の運

営をするうえで、私自身そして社員にとってもとてもモチベーションアップにつながり、より良い仕事にもつながります。

このブログをお読み下さっている皆様、何卒清き一票をお願い致します。

一日一回毎日投票出来ます。

↓↓↓投票は下記リンクより出来ます。↓↓↓

↓↓↓こちらも合わせて宜しくお願い致します↓↓↓

卒塔婆・角塔婆・墓標・経木塔婆通販「卒塔婆屋さん」はこちら

「卒塔婆屋さん」公式フェイスブックはこちら

「卒塔婆屋さん」公式YouTubeはこちら

「卒塔婆屋さん」公式LINE@はこちら

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。