商工会青年部ブロック会議でした

昨日は私が所属する東京都商工会青年部連合会西多摩ブロックの会議でした。私は今年の4月より日の出町商工会青年部の部長を拝命しました。

西多摩ブロックは羽村市・福生市・あきる野市・瑞穂町・日の出町の3市2町の商工会青年部で構成されます。ブロック会議では、各青年部からの事業報告、ブロック事業について協議がありますが、一番重要なのが実は会議後の懇親会なんです。

懇親会の席では、それぞれの青年部の問題や課題またノウハウなどを共有できます。その中でも部長間での一番の共通課題としては部員の減少があります。少ない部員では満足な活動や事業も行えず、地域での存在感も少なくなり、余計に人が入ってこない負のスパイラルに落ちいってしまいます。部員を増強するうえで、一番理想的なのは強引に勧誘するのではなく、商工会青年部の役割、目的、事業に共鳴し自発的に入部してもらうことです。強引に勧誘したところでかえって悪い印象となり、結局幽霊部員になってしまいます。まあ、入ってみなければ分からない部分もありますが。

勿論きっかけとして声をかけることは重要です。この時に、声をかけた部員が青年部の役割、目的、事業、会議では何をするのか、年間スケジュール、メリット、デメリットなどを全員正確に伝えることと、後は如何に本人が情熱があるのかが、新入会員獲得への大きな一歩となります。

地域に対しては、やはり責任世代として見本となるような行動をしなければなりません。酒の席で楽しむのは多いに結構なのですが、閉店時間は守る、最後に食器をまとめる、店の人にあいさつをする。地域のリーダーとして誇りをもって、常に見られていることを意識して行動すべきだと思います。

よく地域のためと言っても、結局は全部自分に帰ってきますので、究極の自分のためです。私も自分のために活動しています。直接仕事に結びつかなくとも、例えば会議の運営は経営マネジメントに反映できる、広報のノウハウも会社で活かせる。ちょっとした困りごとなら誰に相談すれば良いのかキーマンが見つかるなどなどいくらでもあります。しかも、ほぼ無料でこれらが手に入ります。

先ずはやってみればいいじゃん!と思いますホントに

 

↓↓↓こちらも合わせて宜しくお願い致します↓↓↓

卒塔婆・角塔婆・墓標・経木塔婆通販「卒塔婆屋さん」はこちら

「卒塔婆屋さん」公式フェイスブックはこちら

「卒塔婆屋さん」公式YouTubeはこちら

「卒塔婆屋さん」公式LINE@はこちら

「卒塔婆屋さん」公式インスタグラム

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。