アマゾンジャパン本社に行ってきた

こんにちわ

先日、ECサイトの集客セミナーでアマゾンジャパン本社に行ってきました。

場所は

目黒駅から徒歩5分、目黒雅叙園の隣のビルに入っています。

まあ、シャレオツな会社ですわ~

私の様な、東京でも西の果てから来ると完全にお上りさん気分です。

DSC_0619

ホントは受付の写真も撮りたかったけど、受付嬢の無言の圧力にあえなく退散しました。

↑の写真はセミナールームのエントランス、何故かフラミンゴ?のオブジェとカエルさんが!

社員も私服(アマゾンロゴ入りTシャツ)でみんなMacとスタバのコーヒー持ってノマドワーキングしています。

最近、日本でもこういったオフィス増えてきましたが、さすが外資系です。プロセスより結果にコミットなんでしょう!

でもでも、実は電話対応なんかは日本の企業よりしっかりしています!グーグルも対応は素晴らしい!日本の企業特に営業なんかはこちらの都合お構いなしに喋り捲る人が多いですが、彼らは、先ずこちらに今大丈夫か確認→話の概要→所要時間→本題→最後にもう一度部署と名前を名乗り、更には話した内容の詳細をメールで送ってくれます。

アマゾンの社是は世界一お客様第一の企業ということらしいです。なるほどです。アマゾンが次から次へとリリースするサービスはドラえもんの道具の様に今までにない物が多いのもこの企業としての柱から来ているんですね。

まあ、配送などでは業者負担をかけていますが、これも別にアマゾンに非があるわけではないですからね。

さてさて、前置きが長~くなりましたが、セミナーの内容はというと。

メインは、コンテンツマーケティングです!

これだけだと意味が分かりません。要するに、ネットショップはモノだけを売るのではなく、そのモノについてのウンチクであったり、お役立ち情報であったり、社員ブログで売り手の顔が見えたり、そういったコンテンツも充実させることで、将来的にお客様になってもらえるよといった内容です。実際には、もっと専門用語も多く深い内容でしたが、ざっくりとはこんな感じ。

「卒塔婆屋さん」でも今この取り組みをしています。例えば、このブログであったり、サイト内の記事であったり、まだまだ手探りですが、お客様に役立つ情報を発信して行きたいと日々考えています。

DSC_0615

P.Sお土産にステッカーとペンと風呂敷を貰いました!

↓↓こちらも合わせて宜しくお願い致します↓↓↓

卒塔婆・角塔婆・墓標・経木塔婆通販「卒塔婆屋さん」はこちら

「卒塔婆屋さん」公式フェイスブックはこちら

「卒塔婆屋さん」公式YouTubeはこちら

「卒塔婆屋さん」公式LINE@はこちら

「卒塔婆屋さん」公式インスタグラム

卒塔婆への文字滲み解決策を大実験!

こんにちわ

久々の投稿です。サボっていたわけではなく、ネタ切れというか、役に経つ情報をそろそろ載せたいなあと思い、なかなか書けずにいました。

お客様からの問い合わせで多いものに墨が滲んでしまうというものがあります。うちの塔婆は滲みませんって堂々と宣伝できれば良いのですが・・・実際滲みます。木材には、水を引き上げる管が沢山通っており、墨がその管に沿って滲んでいきます。毛細管現象というやつです。

弊社でも数種類の材質を取り扱っており、材質ごとに滲みは多少違いますが、一概にこの材質は滲まない、この材質は滲むといえず、同じ材質でも違います。

お客様への説明するときは、自然のものなので一概には言えませんし、現象自体は仕方がない部分がありますと答えていました。今までは・・・

しか~し、卒塔婆製造のプロとして、このお客様からの問い合わせに仕方がないでは情けない!何かお役に立てないかと思い、ネットや懇意にしているご住職などから徹底リサーチ!その中で、これはというものを実験することにしました。

DSC_0595

じゃじゃ~ん、倉庫に眠っていた書道用具を引っ張り出してきました。墨汁は干からびていたのでごくごく普通の学校で使うようなやつです。

左から いろんな紙にインクが滲まないスプレー(紙ももともとは木だからOK)

卒塔婆用筆ペン(滲みにくい卒塔婆専用筆ペンです!!一番期待出来そう!!)

チョーク(ヤ〇ー知恵袋より、伊東家の食卓みたいなぁ)

DSC_0597DSC_0598

せっせと下準備中(^^♪

DSC_0600

さてと文字入れしますか!あっそういえば書道なんて中学生以来、人様に公開できる字ではないや・・・字が汚いのは堪忍してなぁ~

DSC_0601

じゃがじゃ~ん♪ 卒という字とよくわからないうにょうにょを書いてみました。

違いは如何に!!!よう分からん!!!

.JPG

何もなしの状態、思ったより滲まんねぇ~

.JPG

インクが滲まないスプレー、若干滲みが少ない様な気がする~

.JPG

チョーク、明らかに滲みが少ない!!!でも乾くまで時間がかかるんだよな~それに白くなってるし!!

.JPG

卒塔婆用筆ペン、滲みは少ないけど、少し墨が薄いな~、書きやすさは抜群です!!!

IMG_20170615_135921 (1).jpg

番外編、スクリーン印刷です。ほぼ滲みなしで輪郭くっきりです(^^♪黒のインクなんで墨ではないですが、どちらかというと板の上にインクが乗っている感じです。

さて、いかがでしたでしょうか?これらの方法は、私が調べたごく一部です。こうやると滲まないよ~などといった裏技お持ちの方はぜひ教えてください。

今回の実験結果は、毎回同じようになるとも限りません!気温や湿度など条件によっても変わってくることもありますのでご了承ください。

個人的には卒塔婆用筆ペンか印刷が良いかなあと思います。「卒塔婆屋さん」では印刷も喜んで承っておりますので、よろしければご相談ください♪

↓↓↓こちらも合わせて宜しくお願い致します↓↓↓

卒塔婆・角塔婆・墓標・経木塔婆通販「卒塔婆屋さん」はこちら

「卒塔婆屋さん」公式フェイスブックはこちら

「卒塔婆屋さん」公式YouTubeはこちら

「卒塔婆屋さん」公式LINE@はこちら

「卒塔婆屋さん」公式インスタグラム

印刷注文も続々と

こんにちわ

今週は卒塔婆の印刷のご注文が殺到しております。

しかし、ご安心ください。全て想定内です!!

仕事の8割は段取りで決まるといわれますが、全くその通りだと思います。

弊社でも、ネット通販を始めて以来嬉しいことにお客様から注文をたくさん

頂けるようになり、工場の体制、倉庫管理、事務処理など多岐にわたり日々

改善をし続け、進化して参りました。

一つ一つの改善はほんの些細なことかもしれませんが、積み重なることで

格段に進化します。

1日1%改善が目標です。もちろんECサイトも日々研究・改善し、お客様が

どうすればストレスなくお買い物できるかを追求しております。

IMG_20170530_174355_792IMG_20170530_174355_791

↓↓↓こちらも合わせて宜しくお願い致します↓↓↓

卒塔婆・角塔婆・墓標・経木塔婆通販「卒塔婆屋さん」はこちら

「卒塔婆屋さん」公式フェイスブックはこちら

「卒塔婆屋さん」公式YouTubeはこちら

「卒塔婆屋さん」公式LINE@はこちら

「卒塔婆屋さん」公式インスタグラム

材料仕入れ

こんにちわ

「卒塔婆屋さん」というECサイトを立ち上げて以来3年、今年も順調に成長を続けております。サイトを立ち上げて初年度はもともとある商品で十分間に合いましたが、お客様が増えるにつれ、「卒塔婆屋さん」専用の材料を仕入れなくてはとても賄いきれなくなってきました。

そこで、頭が痛いのが仕入れの量、既存のお客様の分でしたら、大体予測は付きますが、新規のお客様となると非常に難しいです。雲をつかむような話です。

せっかく来ていただいたお客様に品切れでは申し訳ないですし、かといって仕入れをとにかく増やせばよいということでもありません。一応経営ですから、ある程度利益を出し、会社を継続させなくてはなりません。

そこで、一番中なのが材木問屋との関係です。日頃からのコミュニケーション、例えば問屋さんに材料持ってきて貰ったときに、近況報告や雑談をする。仕事のことや子供のこと、なんでも良いのです。その積み重ねが信頼関係につながり、困ったときに助けてもらえる、もちろん向こうが困ったときは、出来る限り協力する。

ここ数日5尺の卒塔婆に注文が殺到(不思議と材料が少ないところに注文が来ることが多いです。)し、材料が底をつきそうでしたが、無理を言って注文から3日で何とか問屋さんに材料を卸してもらうことが出来ました。

6月7月8月といよいよ最大の山場が訪れようとします。今週から来週までは、毎日のように材料も入ってくる予定です。正直、今までにない物量が来ます。まあ、ある程度リスクもとっていかないと成長も無いので、かなりビビッてますが。工場内もパンパンになってきました。

IMG_20170522_115841_094

↓↓↓こちらも合わせて宜しくお願い致します↓↓↓

卒塔婆・角塔婆・墓標・経木塔婆通販「卒塔婆屋さん」はこちら

「卒塔婆屋さん」公式フェイスブックはこちら

「卒塔婆屋さん」公式YouTubeはこちら

「卒塔婆屋さん」公式LINE@はこちら

「卒塔婆屋さん」公式インスタグラム

卒塔婆の種類について

おはようございます。

昨日は多くの企業で入社式が行われたようです。私も18年前はあそこにいました。当時は卒塔婆業界に行くことになることなど微塵も思いませんでした。人生どうなるかなんてわかりませんね。

さて、今日は卒塔婆の種類についてお話しします。

卒塔婆の種類

卒塔婆の種類は全部で5つ。それぞれの特徴を簡単に説明しましょう。

板塔婆

厚さ1cm、長さ60~180?くらいの卒塔婆で、主にお墓の後ろに立てます。多くの墓場で見られる卒塔婆はこの板塔婆と考えていいくらい、一般的に用いられています。

角塔婆

長さ120~210?、厚さ10cmくらいの、四角い柱型をした卒塔婆です。先端が尖っているのは、卒塔婆のルーツである五輪塔の影響でしょう。墓石ができるまでのお墓変わりの墓標として活用されるケースもあります。

七本塔婆

長さ30~40cmくらいの板塔婆です。初七日から49日までの期間、7日ごとの法事で使われます。

経木塔婆

板塔婆より薄く、小型の卒塔婆です。川に流して供養することから水塔婆と呼ばれることも。お彼岸や施餓鬼法要などで用いられることも多いです。

梢付き塔婆

三十三回忌や五十回忌などの弔い上げ(年忌の最後)に用いられる卒塔婆で、枝葉のついた生木をそのまま使用することから「生木塔婆」とも呼ばれます。よく用いられる木材は、杉や松、柳など。地域によっては、梢付き塔婆を普通の板塔婆で弔うところもあります。

宗派によっても大きく異なる

卒塔婆の種類や大きさ、表面に記される梵字などは、宗派によっても違いが見られます。とくに浄土真宗では、追善供養という考えそのものが存在しないため、卒塔婆を必要としません。亡くなられた人も、現世を生きる私たちも、みな阿弥陀様の功徳の中にあるというのが浄土真宗のスタンスです。

宗派や地域によって供養のかたちが異なるといえ、根底に「やすらかに眠って欲しい」と願う気持ちはみな同じです。どんな場所で卒塔婆を立てるにしても、その気持ちを常に大切にしたいですね。
AdobeStock_96004060

 

カラーミ―ショップ大賞2017の第2次審査の一つであります一般投票中です!!

6万店以上のネットショップから大賞とその他賞に該当するショップを選ぶ、ネットショップを運営する者誰もが憧れる賞となっております。お客様あってのショップですから、あまり賞狙いというのもいかがなものかとも思いますが、今後の運営をするうえで、私自身そして社員にとってもとてもモチベーションアップにつながり、より良い仕事にもつながります。

いよいよあと今日含めて2日になりました!何とか200票行きたいなあ!!!

このブログをお読み下さっている皆様、何卒清き一票をお願い致します。

一日一回毎日投票出来ます。

↓↓↓投票は下記リンクより出来ます。↓↓↓

↓↓↓こちらも合わせて宜しくお願い致します↓↓↓

卒塔婆・角塔婆・墓標・経木塔婆通販「卒塔婆屋さん」はこちら

「卒塔婆屋さん」公式フェイスブックはこちら

「卒塔婆屋さん」公式YouTubeはこちら

「卒塔婆屋さん」公式LINE@はこちら

「卒塔婆屋さん」公式インスタグラム←NEW!

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑